img03 (3).jpg

LAGRANGE POINT 5th:愛という言葉を憎む日々が永久に続いてもオレを赦してくれ

詞:Daisuke Iwasaki

曲:MIKOTO

編曲:原田ナオ

歌:牧島シャイ(CV:豊永利行)、緋室キラ(CV:大河元気)

Track.03:六十九夜SixNineNight

 

モノクロの街角 独り、軽快に歩けば、ドコカの石には当たるだろう

 

Tokyo Newyork  Shanghai

口から出た冷たい嘘の数々の末路は、当たり前の様で

ふたり どこか、欠けたまま、過ごしていた

今、誰の女神になってる? もう、別離わかれたとはいえ

その薄い耳朵じだを打つ愛、受け入れてもらえなかった

雄犬の様なJealousy

 

とても(とても)眠れない

乾いたライムを噛むような、後味の悪さは

もう、いらない

 

「 …… もう一度」

「逢いえたくて」

 

あの三日月に殘る痕は、どこか気怠げで

誰かを無性に性Sagaしたくなる夜もあるだろう

街を遮る、エゴイスティックな雨 焦がれた、甘い殘香、君が消えてから

六十九夜SixNineNight ---……

 

Ah どうして(どうして)どうして(どうして)手に入らない?

 

LA Hong Kong London

何処にも無い貴方の影を追いかけて走るわ、名付けられない日々

迷いこんだ ラビリンス、抜け出せない

 

ねぇ、夜の怖さを知ってる? ただ、まとわりついてくるの---……

あの熱い舌がなぞる愛 痺れても赦し合えなかった

罪人と明かすTwilight

 

意味を(意味を)求めてた

滲んだ光を切り裂いた、銃声が聞こえた

もう、●あやめたい

 

「……誰にも」

「言えないの」

 

ただ、愛してたというだけでは、むしろ曖昧で

誰かの自虐を探したくなる朝を迎えてる

夢で擊たれた マゾヒスティックな頬 今でも、濡れる秘密は、疾うに知り尽くし

六十九夜SixNineNight ---……

 

あの三日月に殘る痕は、どこか気怠げで

誰かを無性に性Sagaしたくなる夜もあるだろう

街を遮る、エゴイスティックな雨 焦がれた、甘い殘香、君が消えてから

六十九夜SixNineNight ---……

 

Ah どうして(どうして)どうして(どうして)愛したのか?

創作者介紹

幾千の昼と夜

泉蛍☀緋室ホタル 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()